(CW)2回目のCALL

2016.01.10 Sunday

0
    3連休初日、2回目となるCWにて仕事場のビルの屋上(JCC1004 東京都武蔵野市吉祥寺)に
    釣竿アンテナを設置し7MHzでCALLしてみました。
     ※釣竿アンテナの使用感は後日掲載しようかと。


























    とは、言うものの、やはりドキドキ!
    CQを出している局長さんを探し、何回も何回も聞いて、メモし
     ※躊躇している間にCL TUもしばしば(残念)
    聞き取れているものがJ-クラスタに掲載されていれば
    それと合っているのかも確認し。。。。
    を繰り返して、皆さんのCALLが落ち着いた頃合いでコールしてみました。

    やはり最初はHH(訂正)やら、とくに数値は緊張のせいか最後の・(短点)が出てないタイミングで
    キーを離してしまったりと(・・・・・が・・・・・とか)ありましたが、
    ある20wpm超えくらい(私には恐ろしく早く聞こえる)でCQ出している局長さんへCALLした際に
    「JO1OLZ/1どうぞ」
    とCALLを拾って頂いたその返信のスピードが
    私の14wpmに合わせて打って頂いたのを聞いたときには
    ものすごく嬉しかったです。

    でっ!、「とても楽しい(^^)」
    ※GM TU UR *** BKのショートでも、手はぷるぷる震えてました。

    CQへのCALLが今日初めてでしたが

    この釣竿アンテナとFT-450DM(50W)でここらへんと交信できました。

    結構重たいはずのエレキーが打っている間に左右にずれるときがありました。
    練習してるときはそんなことないのに、やはり力がはいっちゃっているのでしょうかね。
    途中からエレキーの台座裏に両面テープはりました。



    MI NAMEとかとか○○○SANとかとか、12wpm以下でないといきなしがまだまだ精進が必要かと。
    本日拾って頂きました局長さんにはありがとうございました。
     
    コメント
    コメントする